No.1「苔ってどんな植物?〜光編 vol.1〜」

苔ってどんな植物?〜光編 vol.1〜

こんにちは。
いきなりですが皆さんの苔テラリウム、どこに置いていますか?

とても可愛らしいからお部屋の棚の上でしょうか。
それとも玄関やトイレを飾るインテリアになっているのでしょうか?
実はそれ、苔にとっては良くないことかもしれません。

今回は「苔ってどんな植物?〜光編Vol.1〜」と題して、家のどこに置けばいいのかを店長と苔初心者ゆうさんの対話形式でお届けいたします。


ゆう

うちの苔テラリウム、持っている2つとも元気がなくなってきているんですけど何ででしょうか?
水も言われた通りにあげてるのに…

店長

その苔テラリウム、どこに置いていますか?

ゆう

階段の小窓と玄関の飾り棚ですが…

店長

それが原因かも!

ゆう

え???

店長

苔ってどんな所に生えているか知っていますか?

ゆう

山の中とか森の中…あと滝の側とか薄暗いところかな?
道端にも生えていますよね?

店長

ほぼ正解!
苔にもいろいろあって、種類によって好む環境が変わるんです。
でも薄暗いところはちょっと違うかな…。

ゆう

うっそうとした森とか薄暗いところに生えてるイメージが強いけど違うんですか?

店長

苔の生えている自然界の日陰というのは実はとても明るいんです。
逆に暗すぎる場所には生えていないんですよ。

ゆう

え!?日陰なのに明るいんですか?
家の中も結構明るいと思うんですけどどっちが明るいんでしょうか?

店長

断然外の方が明るいですよ!
人間の感じる明るさというのはかなり曖昧で、雨や曇りの日というのは明るくしている部屋と比べても10倍以上明るいんです。

ゆう

そうなんですか?!
うちの苔テラリウム、このまま置いておいたらどうなります?

店長

暗すぎる場所に置いておくと、どんどん弱ってしまったり、最悪枯れてしまうこともありますよ。

ゆう

本当ですか!?
でも、明るい部屋より外の方が明るいと言うなら、どこに飾ったらいいんでしょうか?

店長

部屋の中でも本がはっきり読めるくらいの明るい場所であれば十分元気に育ってくれるので大丈夫ですよ。

ゆう

そうなんですね!
よかった〜!早速LEDライト買って帰りますね!

店長

そうしてください。
苔テラリウム、元気になるといいですね!



と言うことで、ゆうさんはLEDライトを購入して帰りました。
後日無事苔テラリウムは元気を取り戻したそうです。

苔テラリウムに使われる多くの苔は山や森の中、滝の側、道端など様々な場所に生育していて、湿った日陰を好みます。

日陰と言うと薄暗いイメージがあるので、購入したり作った苔テラリウムを玄関やトイレ、階段など薄暗い場所に置いてしまう方も多いのですがそれは苔にとって良くありません。

実は森や山の中の日陰や木陰というのは想像以上に明るいんです。
わかりやすく明るさの単位(ルクス)で表すと曇りや雨の日であっても外の明るさは大体10000ルクス以上ありますが、家の中でどんなに明るい部屋でもせいぜい1000〜1500ルクス、玄関では150〜300ルクス、トイレに至っては100〜75ルクスくらいしかありません。
人間の感じている明るさというのは目に入る光の加減や瞳孔の開き具合で変わってしまうため、とても曖昧なんです。

苔が生きていくには日陰のような適度な光が絶対不可欠!
玄関やトイレ、階段などの薄暗い場所に置いておくと次第に元気がなくなって、最悪は枯れてしまうこともあります。

では、苔テラリウムは家のどこに置くべきなのでしょうか?

正解は明るい部屋、もしくはライトのそばです。
手芸をしたり本などがはっきり読めるくらいの明るい部屋に置くか、どうしても部屋が暗い場合は電気スタンドなどを使って人工的に明るくして下さい。
LEDのスポット照明などで照らす事ができればどこに置いても元気に育ってくれますよ。


次は光編の第2弾!
お楽しみに。

是非シェアをお願いします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!